« 闘犬 | トップページ | 中国文学 »

2008年9月28日 (日)

政治家の失言

 中山国土交通大臣が失言問題で辞任するという。特に命取りになったのは、日教組解体論だ。一時発言を取り消す素振りを見せたが、翌日には元の発言をさらにエスカレートさせた。これまで、朝鮮人の宗氏改名は彼らが望んだことだとか、女は子供を産む機械だとか、いろいろな失言を聞いてきたが、結局本音は隠すことができないのだ。これを「馬脚を現す」とか、「お里が知れる」とか言う。

 言葉は思想である。考えていることが言葉になって外へ出るのである。口が滑ったというのは、思ってもみないことが外へ出たわけではなくて、思っていることが不注意にも言葉になって出たということなのだ。それはそれで仕方がない。要は、その人の本音はいかなるものであり、その内容が、今回の例でいえば、大臣にふさわしいかどうかという問題なのだ。本音を隠して、国民を欺くよりは少しはましなのかもしれない。国民は、各政党の本音に注目し、そこで評価をしなければならない。マニフェストもよいが、あれが本音とは限らず、選挙用の単なる看板であるかもしれない。

 自民党は政権を持っており、その政治家の発言も耳に触れることが多いものだから、自ずと失言も目につくのであるが、自民党のなかには問題になるような思想を持っている人が多いということも事実だろう。リベラルな人もいるとは思うが、戦前の思想をそのまま継承してしまっている人の割合が想像以上に多いということだろう。かといって、民主党の方はどうかといえば、クエスチョンだ。議員のこれまでの発言を調べたり、個人演説会を聞きに行ったりするほど国民も暇ではないので、実態は分からないが、政権を取ればマスコミに露出する機会も圧倒的に増える。こういう意味でも、政権交代は必要なのかもしれない。

« 闘犬 | トップページ | 中国文学 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/24093790

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の失言:

« 闘犬 | トップページ | 中国文学 »