« 星野ジャパンがメダルを逃す | トップページ | 再び日本相撲協会 »

2008年8月24日 (日)

マラソンでメダル獲れず

 期待された女子マラソンでは野口みずきが欠場し、土佐礼子にわずかな期待がかかったが、その土佐も足の痛みで途中棄権した。男子は大崎が足の故障で直前に欠場を決め、佐藤と緒方に、これもわずかな期待が残されたが、予想を上回るハイペースとなり、最初から後方に置かれてしまった。

 マラソンは過酷な競技である。日本人に特別長距離に向いた身体的特性があるわけではないが、選手育成のノウハウがあり、またテレビへの露出を期待して企業が駅伝の選手を多く抱えることを背景にして、世界に通用する選手を排出してきた。トラック競技では、せいぜい決勝に残り、入賞を狙うポジションだが、マラソンに限ってはもっと高いレベルにある。女子選手では、高橋、野口とスピードにおいても負けない選手を育て、高温の条件にはめっぽう強い土佐も育てた。男子はスピードには劣るが、過酷な条件では粘れる選手を育てた。

 今回の敗北は、国民の期待もあって、ぎりぎりのトレーニングで自らを追い込んでいった選手に無理がたたったということであろう。日本のトレーニングも基本的には科学的な考えを基礎にしていると思われるが、期待を背に、一番多くの練習をした選手が勝つという非科学的な根性論が入り込んだのではないかと推測するのである。

 女子は野口が出ていれば勝てただろう。だが、ロンドンまでは体が持たないと思う。彼女に続くスピードランナーが出ない限りメダルは遠くなる。男子は暑さのなかでワンジルが6分32秒という驚異的な記録を出した。これについていける日本人選手は出ないだろう。

 スポーツは全く同じルール、基準で競うものである。民族による身体能力の差や選手の練習を支える環境に差があるなかで競えば、国家によって有利不利は当然生まれるのである。卓球における中国選手、陸上中長距離におけるアフリカ選手のように国籍を変えて活躍する選手も出てくる。そこにどれほどの意味があるのか考えてしまう。これに対し、民族が持っている文化は同じ基準で評価するものではない。ジャズと民謡ではどちらが優れているか比べようもない。スポーツに目が集まることは悪いことではないが、もっと文化が大事にされるべきではないか。経済のグローバル化のなかで、ローカルな文化が危うい状況にある。グローバル化は無条件に善であるわけがない。それを拒む、ローカルなパワーも、市民権を持つべきなのである。

« 星野ジャパンがメダルを逃す | トップページ | 再び日本相撲協会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/23210294

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンでメダル獲れず:

« 星野ジャパンがメダルを逃す | トップページ | 再び日本相撲協会 »