« 中国旅行その3 | トップページ | 文部科学大臣の言葉 »

2008年8月10日 (日)

北京オリンピック開幕

 8月8日に北京オリンピックが開幕した。もともと開会式や閉会式には興味がないので、今回も見ていない。関心は競技そのものにあり、競技も特定のものに絞られる。

 ①陸上競技 ②競泳 ③柔道 などが面白い。①は純粋に競技の面白さであり、フィールド競技よりもトラック競技が面白い。②と③は日本のメダルの可能性が興味を引く。

 日本が多くのメダルを獲得することを期待してはいるが、それほど簡単に獲れるものではない。世界中が必死で頑張っている中で一番になるのは容易ではない。柔道などは日本のお家芸であるから、全部獲れるような気になってしまうが、海外での競技人口も増えており、独壇場とはならない。日本人が特別身体能力に優れているわけではないので何割かのメダルをシェアできれば結果としては妥当ということになろう。

 谷亮子は残念ながら銅メダルに終わった。準決勝の試合は慎重になりすぎて攻められなかった。勝負は攻めなければ勝てない。格闘技は特にそうである。プロボクシングは挑戦者が攻めなければ勝てないというが、それは極端なホームディシジョンがあるからで、ニュートラルな場所では、チャンピオンにハンデがあると思わなければならない。

 その他、男女のサッカー、重量挙げでの三宅と結果が出ていない。これは力を出し切れていない面もあるし、力の差であるという見方もできる。競技の結果は力関係の所産であるから自分の調子だけでは決まらないのだ。とはいえ、オリンピックともなれば相手に力があるのだから、少なくとも自分のベストプレーがなければ結果はでない。

« 中国旅行その3 | トップページ | 文部科学大臣の言葉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/22894838

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック開幕:

« 中国旅行その3 | トップページ | 文部科学大臣の言葉 »