« 日本相撲協会の判断について | トップページ | マラソンでメダル獲れず »

2008年8月23日 (土)

星野ジャパンがメダルを逃す

 藤川投手が、準決勝で韓国に敗れたあと、自分が打たれたこともあって「韓国の方が力が上。」と述べたが、私は実力は日本の方が上であると思っている。マイナーリーグの選手を集めたアメリカチームより上であることも間違いない。キューバと比べても見劣りはしない。

 今回の結果を招いたのは、明らかにチームの編成ミス、調整ミス、起用ミスが重なったからである。確かに、プロ野球の日程やチーム事情に制約を受けていることは事実であるが、それは他のチームも多かれ少なかれ同じである。監督、コーチは有名なビッグネームが並んでいるが、オリンピックのような短期決戦で上手な指揮が執れるスタッフだったか疑問が残る。短期決戦では、調子のよい選手を集中的に使うのが常道であり、初めての投手にも対応できるバッターを優先すべきであるが、果してそういう起用ができていたか。

 韓国戦のあとの記者会見で、韓国の記者からなぜ岩瀬を出したのか聞かれて、それは私の考え方だ、あなた方にとってはよい結果になっただろうと答えた。これはスポーツの次元の回答ではない。民族感情まるだしの政治的発言である。逆に、イーソンヨブは、決勝のホームランを打ったことに対し謝罪発言を行った。イーよ、そんな気遣いはやめてくれと言いたい。彼にそんな気を遣わせなければならない日本という国はどんな国か。また、オリンピックとは何なのか。

« 日本相撲協会の判断について | トップページ | マラソンでメダル獲れず »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/23190126

この記事へのトラックバック一覧です: 星野ジャパンがメダルを逃す:

« 日本相撲協会の判断について | トップページ | マラソンでメダル獲れず »