« 四川省の大地震 | トップページ | お葬式 »

2008年6月 1日 (日)

本探し

 趣味と同時に、情報を得るという実利のために書店通いが週末の日課になっている。梅田周辺の、旭屋、紀伊国屋、ジュンク堂が訪れる先である。

 一回出ると本屋のはしごはなく、2時間は留まる。文庫もしくは新書のコーナーでずっと過ごすか、ビジネス書を見てから文庫に移動するか、どちらかの場合が多い。本の見方は、例えばちくま文庫ならちくま文庫に集中して立ち読みし、そのなかで面白く、その分野ではそれなりの水準があると思う本を選び購入するのである。最近は文庫を出版する出版社の数も増えたが、それぞれ特徴がある。いい本が多いと思うのは、ちくまの文庫と発行冊数は少ないが中央公論の文庫である。新書も同じ、ちくま新書と中公新書が多い。

 本は何を読んでも勉強になるというものではない。いや、読み方によっては読む価値ゼロはないだろうが、限られた時間を使うのであるから質は大事である。読み手の価値観や問題意識に合致するものを選び出すには立ち読みでパラパラめくるのが一番効率がよい。インターネットの販売では中身の吟味は難しい。書店を回ると足や腰がくたびれることが多いが、家でじっとしていることに比べれば圧倒的に得るものが多いのである。集中力が切れる夕刻から夕食までの時間帯がもっともよい時間帯である。

« 四川省の大地震 | トップページ | お葬式 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/21331185

この記事へのトラックバック一覧です: 本探し:

« 四川省の大地震 | トップページ | お葬式 »