« 未来像 | トップページ | 環境問題、エネルギー問題、食糧問題 »

2008年6月29日 (日)

組織の問題

 組織の問題を考えるために、日本軍の失敗の要因について調べている。雑誌の特集、研究書、対談など数冊を読んだ。扱われている内容は主に太平洋戦争における日本軍の失敗であり、その組織としての弱さに言及するものである。太平洋戦争については歴史の授業で学ぶ機会はなく、映画の映像でたまに目に触れる程度であったから、初めて知ることが多く、興味深かった。

 日本がアメリカに負けたのは、生産力の差であり、物量で負けたというのが一般的な見方であり、それはそれで間違いではない。しかし、学んだところでは、ソフトの部分で負けたという主張が目立った。たとえば、軍の人事制度、教育制度、組織風土などである。日本軍は戦争が始まっても、平時と同じように定期の人事異動を行っていた。それは年功序列によるもので、戦時に必要な人材を抜擢することができなかった。アメリカのニミッツ提督が23人抜きで抜擢されたことと対照的である。軍人の教育は明治以来の官僚育成のための教育と同じく、すでにある答えのなかから最適な解を選択させるもので、自分で答えを作り出す内容ではなかった。作戦を考える演習はあっても戦略を考えだす訓練は施されなかった。また基本的には「よい成績」で卒業した者から順に出世していった。風土で言えば、人間関係が重視され、侃侃諤々の議論は避けられた。科学的、合理的な思考から何が正しいか、あるいは有効かを追求するのではなく、誰が言っているからとか、声の大きな者のいうことが通るとか言った非合理な意思決定がまかり通った。

 決定的な弱点は、情報と補給を重視しなかったということであった。最新の情報よりも、過去の成功体験が優先された。同じ作戦を繰り返し行ったのである。武器、弾薬、食糧などの補給は言うまでもなく重要なものであるが、食糧などは現地で調達すればよいという考えがあった。当り前のことであるが、腹が減っては戦ができぬのに。

 山本五十六は偉大な軍人と思わされていたが、学者や評論家の見解を聞くと、非常に低く評価されている。アメリカの実力を正しく認識していたとか、艦隊による決戦ではなく空母を主力とした空中戦の時代に入ったという認識は他の軍人にない先進的なものであったが、非常に口の重い人で、自分の考え方を部下に説明し理解させていなかったことが致命的な弱さとして指摘されている。リーダーのあるべき姿を考えるときに大いに参考になる論点である。

« 未来像 | トップページ | 環境問題、エネルギー問題、食糧問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/21966537

この記事へのトラックバック一覧です: 組織の問題:

« 未来像 | トップページ | 環境問題、エネルギー問題、食糧問題 »