« 中国の発展における不安 | トップページ | ホームレス »

2008年4月27日 (日)

食糧安保

 日本の食糧自給率はカロリーベースで39%だそうだ。先進国のなかでも著しく低い。自給できる国もあり、輸入国のドイツで84%、イギリスでも70%であるから、日本はどうも異常なのである。

 日本も1961年には78%あった。ここから急激に農業という産業分野の空洞化が進む。農業人口が当時1500万人だったものが現在はたったの250万人になってしまった。工業の発展に資源を集中し、明らかに農業は犠牲にした。工業で外貨を稼げば、食糧などはいくらでも買うことができると考えたのである。ところが、人口増や中進国の経済発展などの要因によって世界的に食料が不足しだした。今までの様に安く買いつけることができないのだ。おごりがあったと言うべきだろう。

 いろいろな国から食料を輸入することはリスク分散になってよいとの主張があるが、国際価格は同じように上がるのであり、どこから買っていても変わりはない。戦時になれば空路海路ともに確保できる保証はない。そこをなんとかしようと考えるとシーレーン防衛などという物騒な発想が生まれるのだ。

« 中国の発展における不安 | トップページ | ホームレス »

コメント

 貴重なご意見をありがとうございます。イギリスの農業人口についての知識はなかったので、改めて調べる機会を得ました。見る資料によって若干の違いはあるものの、ほぼご指摘の通りでした。
 農業人口の多いことが自給率の低さの原因であるとい主張については、今ここで賛成もできないし、否定もできません。問題を整理しなければならない。
 話は逸れますが、私は1958年の生まれで、そのころが最も農業人口の多い時期でした。それ以降経済が高成長していく過程で農村は変貌していきました。実家も農業を営んでおり、田植えも稲刈りも経験があります。しかし両親が高齢化していくと稲作はやめてしまい、土地の特産品であるみかんの栽培だけを続けるようになりました。実家は兼業農家でしたので、勤め先からの給与で少ないながらも安定した収入がありましたが、専業はなかなか経営が難しく、あまりいい思いはしていないと思います。たとえば、知り合いのおじさんは国が山を切り開いて造成した国営パイロット農場を借金して購入してみかんの作付面積を広げました。しかし、みかんの需要自体は他の果物の生産量も増えたことやオレンジの輸入が増えたことでさほど増えなかったと思います。したがって考えていたほど収入は増えなかった。実際は借金を返すために働いていたと言っても過言ではありません。本人の先見性に問題があったと言うことは、状況を見てきた私にはできない話で、新規事業を進めた役人とあなたの言う農業団体に責任の多くはあると思います。
 元に戻ります。農業従事者は高齢化が進んでおり、(田舎に帰るとよく分かります。)後継者がいませんから、これからも減っていくでしょう。同じ農業のやり方を続けると、さらに自給率は低下するのではないかと思います。そこで自給率の高め方ですが、ここはかなり勉強しておられるあなたに教えていただきたいのです。
 ①休耕地も集約して、耕地面積を拡大し、機械化して生産効率を上げることができるか。効率を上げれば、今よりも低価格であっても経営は成り立っていくのか。稲作を想定して。
 ②土地の制約、水田での栽培という条件の制約からして大規模化はそもそも可能なのか。
 ③日本の最大の輸入国はアメリカのようですが、アメリカの農業団体から見れば日本はいいお客さんなのでしょう。彼らが農業経営を拡大するにつれ日本に大量の小麦や大豆が入ってきました。これには一定の政治的圧力が加わっていると思います。今後も続くとしたら、自給率を上げることには相当な困難さが伴うのではないでしょうか。
 ④現状では、若くて活きのいい農業従事者が少ないようですが、将来に希望を持ち、経営感覚を持った若者が育っていくでしょうか。都市には、決まった職に就けず、希望を失った若者がたくさんいますが、かれらを帰農させて仕事をさせることはできないでしょうか。いや、そういうことは政府が政策的に動かないと実現するはずがない。できるだけ市場に判断させるべきだ。事業として成り立つのであれば企業が進出するはずである。などという主張もあり得ます。しかしこれだと農繁期に季節労働者として、かき集められることになりはしないか。いやいや、そうやって柔軟に移動できる労働力があれば、日本の経済も効率よく、生産性が上がるのだというのか。
 いろいろと疑問はでますが、結論は出ません。よいお考えがあれば教えていただきたいと思います。
 一定の自給率を確保できて、政府に多くを頼らず(他の国が行っている程度の保護は必要だと思いますが)自活できる農業人口は、日本の国の特性も踏まえて、どれぐらいが適切なのでしょうか。

人口比で見ても、農地の面積比で見ても、日本はそのイギリスよりドイツより多くの農民を抱えている事を御存じないか?
実は、農業人口が多過ぎる事が日本の農業の最大の問題で、自給率を下げている理由なのだが‥
農民票の欲しい某政党も、政治的影響力を維持したい農業団体も、その事には触らないようにしている。
数字をよく見てみる事をオススメする。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/20605055

この記事へのトラックバック一覧です: 食糧安保:

« 中国の発展における不安 | トップページ | ホームレス »