« 人間は進化しているか | トップページ | ドラッカーを読む »

2008年4月 6日 (日)

福田と小沢

 福田と小沢を比較してみる。マスコミによって作られたイメージに影響されていると思うが、自分なりに評価してみる。

 福田には政治家のイメージがない。サラリーマン出身で、トップになることもなく秘書になって選挙に出て当選している。当然父親の福田赳夫の地盤を継いでいるのである。調整型の政治家で、首相よりも前に務めた官房長官が似合っている。

 これに対し、小沢は政治家的な顔を持っている。いいか悪いかは別にして、政局を動かす力はある。彼なりの理念もあるようだが、それよりも手練手管で政界を動かすことが得意な政治家と言えるだろう。したがって、心底信用できない面が強い。腹の中が見えないのである。

 結局、二人とも信ずるに足る人物ではない。もっとも今の政界でそんな人物は滅多にいない。過去の歴史に名を残す人物はたくさんいるわけだが、なぜに今こんなに薄っぺらな人物ばかりが目立つのだろうか。財界には尊敬できる人物がいるのに政界にはいないというのは、有能な人間が政界を目指さないからなのか、政界で生きていると人間性が鍛えられないのか。最初から権力を目指す人間にろくな人間がいないからなのか。はっきりはわからないが、どれも当たっているような気がする。

« 人間は進化しているか | トップページ | ドラッカーを読む »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/12369498

この記事へのトラックバック一覧です: 福田と小沢:

« 人間は進化しているか | トップページ | ドラッカーを読む »