« 高校野球選抜大会始まる | トップページ | 福田と小沢 »

2008年3月30日 (日)

人間は進化しているか

 社会がここ数百年、特にここ数十年の間に急速に発展してきたことには疑問を差し挟む余地はないようである。しかし、ひとりひとりの人間はそれと同じように進歩しているのであろうか。

 すでに紀元前の時代にアリストテレスや孔子のように体系だった哲学や思想を残している。これは余人にはできない超人的な業績であるが、はるかに発展した現代においてもそれに匹敵する仕事はないように思う。素朴にそう思う。

 社会の発展の度合ほどには人間は進歩していない。逆に社会が発展したおかげで、人間を守る仕組みが出来上がり、いろいろな能力を身につけなくても生きていけるようになってしまったのではないか。時々思うことがあるのだが、仮に無人島にひとりで漂着したとして、江戸時代の人間と現代の人間とではどちらが生き延びる可能性が高いだろうか。当然江戸時代の人間であろう。現代人は火のおこし方すら知らない。

 これは極端な例であるが、分業が極端に進み、ひとりの人間ができることの範囲が非常に狭くなってしまった。それでも、技術革新があり、装置化、システム化されることにより、ほとんど何もしなくても生きていけるようになった。そういう進歩は一部の天才的な才能によって開発されていて、その恩恵を多くのひとが享受している。マクドナルドでバイトしている女の子は、マニュアル通りに振舞っておれば時給800円ぐらいは貰えるのである。その仕事は言葉さえ発することができれば勤まるのであり、学校教育の成果のかけらも必要ないのである。

 そういうことを考えると、教育の生産性はあまりに低いのではないだろうか。個々の家庭が教育にかける費用も大きいが、自治体や国がかけるコストも膨大である。小学校から大学まで、一人の国民にかかる費用は数百万円どころではすまないだろう。それだけかけても国際的にみて学力の水準は低下しているのである。学校を出ても企業という組織のなかで仕事をしていく能力は身についていない。学校で学ぶのは一体何なのか。問題を解いて答えを出すだけか。考える力はまったくと言ってよいほど付いていない。

 しかしそういう人間が増えるほど、悪賢い人間に国家は操られるのだ。社会は総体として退化していく。退化は、既得権益を握っているエリート層の地位を安泰にするのである。本当に中身のある教育を実施すれば、エリートの固定化を阻止することができる。それが流動性に富んだ、発展性のある、他国に負けない社会を作ることになりはしないか。

« 高校野球選抜大会始まる | トップページ | 福田と小沢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/11983360

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は進化しているか:

« 高校野球選抜大会始まる | トップページ | 福田と小沢 »