« クリティカルマスについて | トップページ | 人間の土台 »

2008年2月17日 (日)

川上未映子 「乳と卵」

 今年の芥川賞である川上未映子の「乳と卵」を文芸春秋誌で読んだ。いち早く読める。安くつく。選評が載っているなどメリットが多いので。

 選評を先に見てしまったため、石原慎太郎の酷評が頭に残って若干先入観を形成したかもしれない。「乳と卵」は、大阪弁を巧妙に使っており、言葉と生活実態との距離を詰めることに有効に働いていると思った。本音が伝わりやすい言葉だが、それにしても登場人物達は言葉にできずに苦悶する。このあたりが作者自身の苦悶であることはよくわかる。

 しかし、ここで扱っているテーマが何なのかよく分からない。特殊現代的なメッセージがあるのか。必ずしも女性に普遍的なテーマではなさそうだし、よく分からない。どうも、そんなものは感じられない。

 最後の場面で、母と娘が生卵を自分の頭にぶつけながら叫びあうシーンは、よく思いついたなと思うアイデアで、そこは感心したが、それがなかったらどんな終わり方があったのだろうと心配になる内容だった。

 いずれにしても本質でない部分で評価されている気がして、川上未映子の核になる部分は分からない。まあ、これから見てみたいとは思うが。石原慎太郎ほど酷評しようとは思わないが、高くは評価できず、そもそもそういうレベルの作品は無理なのではないか。石原は、評価しなかったことで将来慙愧することは恐らくあり得まいと書いているが、もう年なのだから将来はもう残り少ない。

« クリティカルマスについて | トップページ | 人間の土台 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/10568048

この記事へのトラックバック一覧です: 川上未映子 「乳と卵」:

« クリティカルマスについて | トップページ | 人間の土台 »