« スタイルを変えるとき | トップページ | 中国製冷食への農薬の混入 »

2008年2月 2日 (土)

お金が動くところ

 当り前の話かもしれないが、お金が動くところに「儲ける機会」がある。儲ける機会は損をする機会でもあるが、人はそこに群れてくる。まっとうな人はリスクがあっても自分のお金を投資して利益を上げる。損をしても自己責任である。面倒なのは他人の金にへばりついて甘い汁を吸おうという輩だ。自分の金でもないのに国や地方の予算(すなわち税金)を動かして、そこから利益を抜き取るのは政治家や役人のすることだ。権限と不正は密接に結びついている。また、裏社会の人間もその悪巧みに入り込んでいく。おそらく、最初に仕掛けるのはそういう連中だろう。政治家や役人は最初はそういうつもりはないのであろう。誘惑に負けてしまうのだ。誘惑に負けない毅然とした態度あるいはポリシーが権限のあるものに求められる所以である。

« スタイルを変えるとき | トップページ | 中国製冷食への農薬の混入 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/10206122

この記事へのトラックバック一覧です: お金が動くところ:

« スタイルを変えるとき | トップページ | 中国製冷食への農薬の混入 »