« お金が動くところ | トップページ | 競争参加型人間と非参加型人間 »

2008年2月 3日 (日)

中国製冷食への農薬の混入

 中国製の冷凍ギョーザにメタミドホスという農薬が混入していた事件が大問題になっている。先日中国を訪問し、親近感をもったところだけに残念だ。大事なのは事実がどうであるかだ。私の立場では報道から情報を得ることしかできない。

 農薬が混入したことは現物で確認されたので間違いないだろう。では、いつどこで、どれだけの量が、誰によって混入され、どれだけの製品に入り込んだか?また実際にどれだけの消費者に食されたのか?

 未だ事実は究明されていない。調査には時間がかかるだろう。製造した工場で入った可能性は高いが、まだ断定することはできない。メーカーは日本が大事なお客さんになっているのでひとまず謝罪したが。原料の農産物に残留して持ち込まれたか、製造工程で誤って(何かの原料と間違えて)入ったのか、工程で誰かが意図して入れたのか、出荷後だれかが意図して入れたのか。論理的に言って、このいずれかである。

 日本による被害の大きさであるが、被害を訴えた人は2千人近くいるらしい。調査の途中経過ではこの件に関係のない人が多いようだ。現物も多数は出てきていない。申し出た人をいくつかに分類できる。農薬との因果関係がある人。食べた後におなかをこわすなどの症状はあったが、農薬とは関係なく発症した人。虚偽の申し出をおこなった人。最後の部類は沢山はいないだろうが、何人かはいるはずだ。自分で証明はできないが、販売元も嘘だと断定できない事態につけ込むわけである。見舞金ぐらいは手に入るというわけだ。

« お金が動くところ | トップページ | 競争参加型人間と非参加型人間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/10228654

この記事へのトラックバック一覧です: 中国製冷食への農薬の混入:

« お金が動くところ | トップページ | 競争参加型人間と非参加型人間 »