« バブル | トップページ | 16年ぶりに異動 »

2007年11月11日 (日)

相撲協会とNHK

 時津風部屋の不祥事で大騒ぎになったが、その後はじめての本場所が今日福岡で始まった。NHKのラジオを聴いていたが、アナウンサーと解説の親方の話は全く問題をそらすような中身であった。問題は重く受け取るべきだが、格闘技であるからけいこは厳しいものである。親方の指導は難しいが、若者の体力に応じて対処していかざるをえないだろうという内容だった。あたかもかの事件が厳しすぎるけいこによって起こったかのような言い方であるが、実際はビール瓶などで殴打するとういう明らかな暴力によって発生したものであり、次元が違う。けいこと暴力の区別をはっきりつけるべきである。

« バブル | トップページ | 16年ぶりに異動 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/8874043

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会とNHK:

« バブル | トップページ | 16年ぶりに異動 »