« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の投稿

2007年11月26日 (月)

三人寄れば文殊の知恵

 ことわざには文字通りの解釈を超えた奥深い意味がある。それは長い時間をかけて成り立ってきた過程で日本人にその示すところの意味が共有されているからである。

 三人寄れば文殊の知恵は、同じ問題意識、同じ悩みを抱えた人が集まれば、一人では思いもつかなかった解決策が生まれるという意味に理解している。何の前提もなく人が三人集まったからと言って何かが生まれるわけはない。同じベクトルをもった人間が集まってこそ知恵が生まれるのである。

2007年11月23日 (金)

カエルの写真

デジカメの画像を整理していたら福井に旅行に行った時の写真があった。東尋坊に立ち寄ったが、その時に水族館に入った。メインはイルカやペンギンであるが、おまけ程度のにカメとカエルの館があった。その時に緑色のカエルを撮っているが、それがよく撮れている。偶然であるが、素人でもたまたま上手く撮れる時がある。プロはかなり高い確率でいいのを撮る。それがプロの腕である。

2007年11月18日 (日)

尾車親方の言葉

 大相撲をラジオ中継で聞いていた。尾車親方の解説であったが、押し相撲の若手力士が引いて勝った時の解説が深みがあり感心した。押さなきゃだめだ。引いて勝つより押して負けたほうがいい。攻めていれば明日につながる。楽して勝つことを覚えてはいけない。特に若い力士は。

2007年11月15日 (木)

16年ぶりに異動

 異動があって経営企画部に移る。今の部署は16年あまりの在籍にある。それなりに頑張ってきたつもりなので名残惜しい気分である。特に若い女子社員や営業所のパートの女性たちと受注処理をこなしてきたことが思い出され、感慨深い。また、基幹システムのカットオーバー前に無理をして肺炎になり入院したことも思い出される。

 明日、部で送別会を開いてくれる。会費を払わず飲めるというのは滅多にない話である。湿っぽい話にはならないと思うが、念のためお笑いネタを持っていこう。

2007年11月11日 (日)

相撲協会とNHK

 時津風部屋の不祥事で大騒ぎになったが、その後はじめての本場所が今日福岡で始まった。NHKのラジオを聴いていたが、アナウンサーと解説の親方の話は全く問題をそらすような中身であった。問題は重く受け取るべきだが、格闘技であるからけいこは厳しいものである。親方の指導は難しいが、若者の体力に応じて対処していかざるをえないだろうという内容だった。あたかもかの事件が厳しすぎるけいこによって起こったかのような言い方であるが、実際はビール瓶などで殴打するとういう明らかな暴力によって発生したものであり、次元が違う。けいこと暴力の区別をはっきりつけるべきである。

2007年11月 4日 (日)

バブル

バブルとは何だったのか

 能勢の家・・・○○万円のローンを組んだ。保険料、固定資産税の支払いを含めると毎年○○万円強の支払いをしている。25年ローンであるから支払総額は○○万円を超える。しかも住んでいないのであるから何の効用も生んでいないことになる。

 売ればいいと言うが、売れない。もはやあの不便な場所に家を買おうとする人は極めて稀である。需要がないのであるから、価値は下がる一方である。ほぼただ同然と言っていいだろう。使用価値はゼロ、交換価値もほぼゼロである。

 売れないのは資産価値が急激に低下したからである。無理に売却してもローンの残高を償還することはできない。それに充てる資金の調達は不可能だ。したがって身動きがとれず、ただひたすらローンの支払いを続けるしかないのである。バブルの本質とは、まさに資産価値の急激な縮小である。裏がえせばバブルとは資産価値の無謀な膨張であった。

2007年11月 2日 (金)

日本シリーズ山井の交代

「名采配(さいはい)か、非情の采配か――。」

ここで何が正しいかという答えはなく、解釈の問題であると考える。私は「気持ち

の入った采配」であると思う。落合がそう思っていたかどうかは分からないが、戦

いの最後は岩瀬で締めくくりたかった。ここ5年ほどの岩瀬の働きは素晴らしいも

のがある。今年も例年の切れはなかったものの40セーブを超えた。極論すれば中

日は岩瀬で勝ってきたようなものである。優勝をほぼ手中に収めた舞台を岩瀬で終

わらせたいというのが一年間苦しい戦いの采配を振るった監督の熱い気持ちではな

かったか。ファン無視だというが、一年間応援を続けてきた中日ファンなら岩瀬の

登板に異論はなかろう。ただし、先を山井が投げているという事情があった。大黒

柱の川上が投げていたら迷ったかもしれない。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »