« 再び格差社会 | トップページ | 家族的経営 »

2007年9月 9日 (日)

安倍晋三内閣

 内閣改造を行ったが、「政治と金」の問題で閣僚が辞任に追い込まれる失態が相次いだ。そもそもこの「ぐずぐず首相」は、第一次内閣で政治資金の処理の問題で決断を下さず先送りし、農相を自殺にまで追い込んでしまった。あのとき素早く辞めさせて、政治資金規正法を改正していれば問題は納まっていたのではないか。少なくとも過去の問題は沈静化できた。

 ぐずぐずしていたので国民の怒りを買い、選挙で大敗し、なお批判の声はやまない。だからマスコミをこぞってネタを探してくる。この国民の失望の元には、あの拉致問題で強気の決断をして(正しい選択ではなかったが)決断力のある政治家としてのイメージが出来上がったところにあるのだ。

 ところが実際は違った。決断力はなく、調整力もない。しかも現状認識ができていない。何もないのである。したがって首相の地位にとどまる理由はない。自民党のなかにはもっとましな政治家がいる。特措法の調整が失敗したらやめるという趣旨の発言をして、自ら退路を示し、やめる筋書きはできた。

« 再び格差社会 | トップページ | 家族的経営 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/7872232

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三内閣:

« 再び格差社会 | トップページ | 家族的経営 »