« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の投稿

2007年8月26日 (日)

再び格差社会

 先日あるコンビニエンスストアーの前に座り込んで酒盛りをしているグループを見かけた。このことと格差社会とどういう関係があるのか。学生時代に酒とつまみを買って友達のアパートで飲むことはたびたびあった。金に余裕のあるときは安い飲み屋で飲んでいた。

 コンビニの前のグループは学生ではなかった。二十代の前半から後半にかけての男子で、仕事の後に一杯やっている感じであった。近くは運送会社の倉庫が集まっている地域で、勝手に想像すると倉庫でアルバイトの仕事が終わった後に仲のいい連中が集まって、てっとり早く飲める場を作ったということであろう。飲み会を安くあげる形式としてそういう場が自然発生的に生まれたのではないか。

 業績のよい企業では、社員も一定数採用しようとしている。優秀であれば途中採用も可である。基準以上の能力を持っていることが条件であり、採用しても仕事が出来なければ辞めていく例が見られる。社員でなくてもできる仕事であれば派遣を使う。業績のよくない企業であればなおさら派遣やアルバイトで労働力をまかなうであろう。コストを抑えることが生き残るための焦眉の問題である。非正規労働者への需要は底堅い。

 内需は僅かずつ縮小しているように思われる。団塊の世代は金を持っているとはいえ、まだまだ余生があるのであり、いつまで生きるのかわからないのであるから一気に吐き出すことはに。また資産があっても運用に失敗して全体では目減りしていくのではないか。リスクの高い金融商品が彼らを巻き込んでいくに違いない。

 大手では業績を伸ばしている企業も多いが、海外への依存が徐々に高まっている。ニュースによれば国内で売れる自動車の半分が軽自動車になったらしい。トヨタは素晴らしい業績を上げているが、北米での売上に依存している。それはますます顕著になっていく。国内に依存しているメーカーは立ち遅れていく。こうやって国内市場は衰弱を加速するのである。

 衰弱の結果が格差の増大である。しかし格差が固定化していくことは好ましくない。再挑戦できる社会にすると政治家は言うが、それには金も能力も要る。やはり固定化していく。高所得者から低所得者への差別観が生まれ、低所得者には疎外感が生まれる。こういう社会は活性化しない社会であり、未来に希望を持てない社会である。

2007年8月20日 (月)

世界バブル終焉

 世界同時株安が進んだ。同時に円高も進む。引き金はアメリカのサブプライムローンに端を発する信用不安であった。考えてみれば金のないものに金を貸して回収できる訳がない。いくら金利を高くしてリスクを減らしても、そのこと自体が返済の無理を生じる。

 他方、円キャリートレードで円安が進んでいたが、その巻き戻しの危険は早くから指摘されていた。投機による利益を求めてマネーが世界を駆けめぐる。急激に金が集まり、急激に引きあげる。株を上げるだけ上げておいて、一気に引き上げるのだ。被害を被るのは現地の投資家だ。持たない者には直接関係ない話だが、実体経済に影響を与えることにより、低所得者がなお悪条件化に追いやられるのだ。

2007年8月19日 (日)

甲子園

 佐賀北が帝京に勝った。力は帝京が数段上である。それでも勝てないのが短期決戦の怖さである。長期の戦いならば力通りの結果が出る。短期戦には「流れ」が左右する。勝負は時の運と言われる由縁である。

2007年8月16日 (木)

海水浴

 海水浴は年に一度あるかないかの事である。こどもが小さい頃にはプールより海が主流で、須磨海岸に数度通った。今はあの喧騒に耐えられず、服部緑地のプールで済ませるのである。こどももそれで満足である。

 海へは田舎に帰った時に行く。大泊海岸である。海は透き通るようにきれいで、海水浴客も少ない。都会から見れば贅沢な場所である。しかし、都会からはあまりにも遠い。大阪からは電車で5時間近くかかる。海の美しさは遠さの代償である。

2007年8月11日 (土)

年に2度の帰省

 電車で盆と正月に帰省するのがパターン。墓参りに加え、海水浴が夏の恒例行事である。私の行動はパターン化しやすいので、海水浴は同じ海岸の同じ場所に陣取り、同じ浜茶屋で食事をする。

 大泊海岸という海水浴場で遊ぶが、時期と地形の関係であろう、午後になると空がゴロゴロ言い出す。落雷まではいかないが、毎年の現象なのである。

2007年8月 9日 (木)

自民党の大敗

 参院選で自民党が大敗した。選挙前に古い体質が露呈して、有権者は嫌気して民主党に流れた。小泉は自民党をぶっ壊すと言って票を集めた。それ自体が自己矛盾であった。それでもある程度古い組織を解体した。阿倍は実力がないにも拘わらず小泉と同じことをしようとしたが旧勢力を押しやることができなかった。それで言うこととやることのギャップが生じた。最後は批判を無理やりにかわして言いわけだけをするようになった。

 自民党が生き残るためには本当に自民党を壊すしかない。そうすると自民党がなくなってしまうという理屈になる。

2007年8月 8日 (水)

再開します

 パソコンを修理するためメーカーに返していましたが、部品がないので修理不能とのこと。代わりにVista搭載の同機種を送ってきました。XPでよかったのに。動きが悪くなってしまった。

 ブログ、再開します。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »