« 失われた20年 | トップページ | 学問に王道なし 営業に王道なし »

2007年7月 2日 (月)

私を捨てる

 すごいタイトルであるが、これが悟りの境地である。偉大な人物は無私の心があるという。自分よりも会社(社員)を、自分よりも社会(大衆)を優先して考えられる人のことを言う。決して自分がなくなるわけではないし、欲望をすべて投げ捨てるわけでもない。それはほとんど不可能に近い。自分の幸福の前提に他者の幸福を置くのである。これは考え方の問題である。あるいは態度の問題と言ってもよい。客観的事実として周りの人々をすべて幸福にできると考えるのはそもそも間違いであろう。しかし、それを自分の生き方の柱にするという覚悟の問題なのである。会社の経営が思わしくなく、泣く泣く整理しなければならないときでも従業員の再就職先を最後まで探しきった社長の話など聞くと、会社経営での失敗は褒められたものではないにしろ、無私の人だと思う。そこまでできる人は滅多にいない。

 文字通り私を捨てるためには家族も捨てなければならない。そうなると、それは宗教者の領域である。もはやそれは人間ではないのではないか。社会との関係を断って、祈り続けることで何かが変わるとは思えないが、だからといって、そういう人の行為になにかしらの意味は感じる。比叡山で千日回峰行を果たした僧侶などは、社会になんらの影響を与えていないし、やっていることは狂気の沙汰である。しかし、何かを感じさせずにはおかない。

« 失われた20年 | トップページ | 学問に王道なし 営業に王道なし »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/7006280

この記事へのトラックバック一覧です: 私を捨てる:

« 失われた20年 | トップページ | 学問に王道なし 営業に王道なし »