« 外食産業 | トップページ | 台風 »

2007年7月13日 (金)

参院選

 争点は、年金(社会保険庁の仕事の悪さと監督者の責任問題)、改憲の是非、政治と金の問題。いろいろ個別の論議はあるが、根本的にこの国をどういう国にしたいのか。あるいはどういう国が暮らしやすい国か、豊かな国かという訴えかけがないように思う。そもそもそんなことは考えていないのか、分からないのか。

 ①限度を超えた過度の競争がない。②敗者にも最低限度の生活が保障される。③命を大切にする文化が定着している。④企業が社会のルールを守る。国民はルールを守らせる。⑤好戦的でない最小限の軍隊。⑤教育の予算をけちらない。⑥浪費を豊かさと勘違いしない。・・・とりあえず、思いつくこと。

« 外食産業 | トップページ | 台風 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/7131777

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選:

« 外食産業 | トップページ | 台風 »