« 私を捨てる | トップページ | 同時代のこと »

2007年7月 3日 (火)

学問に王道なし 営業に王道なし

 「学問に王道なし」という言葉がある。簡単に言うと、「近道はなく、こつこつと努力を重ねること以外に周りから評価される業績を残す方法はない」という意味である。

 「営業に王道なし」も同じ意味で使うことができる。しかし、よく考えると、正しいとも言えるし、正しくないとも言える。確かに魔法のような抜群の効果がある策があるはずもなく、地道な行動の積み重ねであることは間違いない。しかしほぼ毎日営業活動しているわけだから理にかなったやりかたを粘りづよく続けたかどうか、同じステップでも知恵をつかったかどうかで最終的な結果では大きな差が生じてしまうのである。

 では粘りづよく続けられる人はどんな人か。私は自分の行っていることへの意味付けがしっかりできている人だと思う。「より多くのユーザーに自社の商品を使って満足してほしい」「自分の働きが会社の経営を支え、従業員の生活につながっているという確信」「実績を積んで昇進し、営業幹部になって会社をささえたい」等々。往々にして数字を追っかけがちだが、それでは精神的に苦しい。初心に返って、何のために営業しているのか考え直してみよう。

« 私を捨てる | トップページ | 同時代のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/7019371

この記事へのトラックバック一覧です: 学問に王道なし 営業に王道なし:

« 私を捨てる | トップページ | 同時代のこと »