« 脱亜入欧 | トップページ | 老後を過ごすなら »

2007年6月 7日 (木)

社会保険庁の過失

 ここのところマスコミを賑わしているのが年金の問題だ。5千万件プラスαの保険料支払いがデータ処理されず宙に浮いているというのだ。これが放置されると掛け金が過小にカウントされて年金の支払額が減ってしまうことになる。従って遡って早く処理をすべきである。

 責任は社会保険庁と厚生労働省にある。想像するに、処理できていないデータがあることは分かっていたが、そのうち時間ができたらやろうと思っていたのだ。それが積もり積もって膨大になったのでどうにもならなくなり、隠していたのである。

 それにしても社会保険庁の無責任振りには腹が立つ。責任者の記者会見でもなんとか責任を逃れたいという気持ちがありあり見える。官僚のモラルハザードにメスを入れたい。

« 脱亜入欧 | トップページ | 老後を過ごすなら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6700569

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険庁の過失:

« 脱亜入欧 | トップページ | 老後を過ごすなら »