« 風土改革 | トップページ | 転向論 »

2007年6月 4日 (月)

継続する

 「継続は力なり」と前に書いたような気がする。ほぼ毎日ブログを書き続けているが、これから書こうとするテーマはいつか書いた気がしてならない。だからといって遡って調べる暇も気力もない。こだわらずに書くことにするか。

 勉強でもスポーツでも毎日トレーニングを続けていると、短期では変化を感じることは難しいが、一定の期間をおいて力を比較すると、特別努力の仕方に問題がない限りはアップしているものだ。また伸び悩んでいたとしても辛抱するうちに壁を破って飛躍的に伸びることもままある。

 伸びない場合とは。勉強の仕方が著しく悪い。トレーニングの仕方が理にかなっていない。あるいは肉体的に成長の時期を過ぎている。

 要領のあるなしでは結果の出方が違う。これは事実だ。コツコツやる努力をまず評価したいが、残念ながら効率的に訓練されたら、それに勝ることは難しい。根性論では勝てない。

« 風土改革 | トップページ | 転向論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6666581

この記事へのトラックバック一覧です: 継続する:

« 風土改革 | トップページ | 転向論 »