« 転向論 | トップページ | 社会保険庁の過失 »

2007年6月 6日 (水)

脱亜入欧

 明治維新で大きく日本の進む方向が変わったのは間違いない。それまで日本に大きな影響を与えたのは中国であった。江戸時代にも漢心から大和心へという形で日本の独自性を取り戻す運動があった。明治維新は、それまでの中国が西欧に置き換わっただけではなかったか。福沢諭吉が脱亜入欧を唱えて以来、日本は西欧化の道を突き進み、戦争に負けてもなおその流れは変わらない。すこし表現をかえれば、アメリカ化一辺倒に変わったということはできる。

 排外主義に陥る事は危険だが、自立性は必要だ。日本人とは動かされる国民であって、動く国民ではない。

« 転向論 | トップページ | 社会保険庁の過失 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6688303

この記事へのトラックバック一覧です: 脱亜入欧:

« 転向論 | トップページ | 社会保険庁の過失 »