« 江戸時代の思想家 | トップページ | 雨の降る音 »

2007年5月15日 (火)

住めば都

 「住めば都」という言葉の意味は、どんなところであっても長く住んでいると土地になじんできて住みやすくなるということだ。ところが間違った使い方をする人がいる。

 今は与党となっているK党の選挙候補者がテレビで演説をしていたのだが、この時、この○○区を文字通り住めば都にするために私は頑張りたいと訴えたのである。これを何人かのサークル仲間で見ていたのだが、一斉に笑いが漏れた。なぜ公党であるK党の演説原稿にこんな間違いがチェックされず残されたのだろうか。疑問であった。

 これ以外にも間違った使い方が多くされる言葉、ことわざがある。「情けは他人の為ならず」はその代表的な例であろう。

« 江戸時代の思想家 | トップページ | 雨の降る音 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6430354

この記事へのトラックバック一覧です: 住めば都:

« 江戸時代の思想家 | トップページ | 雨の降る音 »