« 三振前のバカ当たり(大ファール) | トップページ | 江戸時代の思想家 »

2007年5月13日 (日)

推理小説

 今は読まなくなったが嘗ては推理小説というジャンルのものをたくさん読んだ。高校から大学にかけての時期である。読み始めは松本清張の「点と線」であった。作品としてはあまり高い評価ではないようだが、面白かった。そこではまってしまって、以来数十冊読んだ。山の中の別邸に置いてあるので正確に何冊かは分からない。内容までは忘れてしまったが、面白かったのは、「眼の壁」「渡された場面」「Dの複合」などである。清張は社会派推理小説と言われるジャンルを開拓し、政界の闇を暴いたりしたが、私が面白いと感じたのはそれとは違う内容のものだったかもしれない。いずれにしてもバラバラに見える事象が徐々につながっていく面白みがあった。

 続いて読み漁ったのは、佐野洋であった。これも20冊程度は読んだ。こちらは清張よりは柔らかい内容で、男女の絡みもあって読みやすかった。

« 三振前のバカ当たり(大ファール) | トップページ | 江戸時代の思想家 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6404597

この記事へのトラックバック一覧です: 推理小説:

« 三振前のバカ当たり(大ファール) | トップページ | 江戸時代の思想家 »