« 教育について | トップページ | ボクシングの名選手 »

2007年5月 1日 (火)

ミスジャッジ

 私の好きなスポーツは、「野球」(プロアマ問わない)「陸上競技」「ボクシング」である。ボディビルもスポーツの一種かもしれないが、あえて言えばアートであろう。肉体を通した「美」の体現化である。そういうものとして日々取り組んでいる。それは前に書いたように老いとの戦いでもある。

 元に戻り、昨日ボクシングの試合を観戦してきた。大阪IMPホールでの若手育成マッチである。そのなかの一試合、6回戦の橋口対川口の試合であるが、結果は2対1の判定で川口の勝ちであったが、どう考えても川口の3対0が正しい判定であった。素人の私が見ても3ポイント川口が勝っていた。なぜジャッジの一人はこんな間違いをしたのだろうか。リングサイドは圧倒的に橋口のファンが多く、声援が飛び交っていた。その雰囲気に影響されたと考えざるをえない。それとも橋口が所属する金沢ジムと特別な関係にあったのか。後者のことは考えないでおこう。邪推かもしれぬ。

 はっきりとした判断基準がないと周囲の声に惑わされる。プロボクシングの場合はヒット数とダメージで計られるから、はっきりとした差がある場合には、間違えることはないであろう。僅差の場合はジャッジの着目するポイントによって差が出るか、残ったイメージの差であろう。川口の場合は圧倒的にヒット数が多かった。間違いはない。

 ちなみに、川口は三重県熊野市の出身であり、私と同郷と言ってもいいだろう。これからも応援したい。

 

« 教育について | トップページ | ボクシングの名選手 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6271622

この記事へのトラックバック一覧です: ミスジャッジ:

« 教育について | トップページ | ボクシングの名選手 »