« どこまでやるか | トップページ | 失敗談Ⅱ »

2007年5月31日 (木)

失敗談Ⅰ

 高校は隣町にあり、国鉄の列車で通学していた。今でも同じであるが、電化されておらずディーゼル車であった。

 それは学校からの帰りの出来事である。その時駅で上りと下りの列車が停車していた。私は下り列車の座席に座って上り列車を眺めていた。そうすると、ある席の窓から同じクラスの女子がこちらを見て笑顔で手を振っているではないか。そうか俺に振っているのだなと思って振り返した。しかしだ。よく見るとその女子の視線は私から少しずれている。そうだ、隣の席の別の女子に振っていたのだ・・・。なんと恥ずかしいことか。知らぬ振りしてそっと手を引っ込めた。

« どこまでやるか | トップページ | 失敗談Ⅱ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6617926

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗談Ⅰ:

« どこまでやるか | トップページ | 失敗談Ⅱ »