« 官僚主義 | トップページ | 銃撃事件 »

2007年4月17日 (火)

新入社員研修

 明日、営業の新人に教育を行う。いろいろ教えることはあるが、まず現状の社会認識から始める。歴史を遡ればきりがないから、バブル経済が発生する前から始める。そこで経済の変化を捉えつつ、基礎的な概念やキーになる数字を問うてみる。過去の経験から言えば、新卒で日経新聞を読んでいる者はほとんど皆無と言ってよい。ネットで記事を検索している者はいくらかいる。あきれるのは、なかにGDPも知らない者がいることである。普通に勉強していれば中学生でも知っている言葉である。

 知識だけではなく、心構えについても語る。ただ働いて給料をもらうというだけでは大きく成長できない。自分は善い事をしている。世の中の役に立ちたい。そういう哲学、信念を持たなければある壁を破ることはできない。ある壁とは使われる壁である。使われる人間から脱皮することはできない。自分で主体的に仕事が出来ること。これが生きがいにつながる道である。

« 官僚主義 | トップページ | 銃撃事件 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/6126233

この記事へのトラックバック一覧です: 新入社員研修:

« 官僚主義 | トップページ | 銃撃事件 »