« 差別、反差別、誇り | トップページ | 父のこと »

2007年3月 7日 (水)

読書

 子供のころから読書家というほどではないが、本は読んでいた方だろう。読んだ本の名前は比較的覚えているが、内容、それから読んだときの年齢あるいは学年は記憶が薄れている。

 少年探偵団、怪人二十面相、怪盗ルパン、名探偵シャーロックホームズのシリーズ。十五少年漂流記、宝島、ロビンソンクルーソー、トムソーヤーの冒険、海底二万里、地底探検、八十日間世界一周、次郎物語、路傍の石などが小学生の時に読んだ主な本である。特に十五少年漂流記が好きで、3回か4回読んだと思う。これらの本も私のものの考え方を形作る上で大きな影響を与えたと思う。

« 差別、反差別、誇り | トップページ | 父のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/5604885

この記事へのトラックバック一覧です: 読書:

« 差別、反差別、誇り | トップページ | 父のこと »