« 人のつながり | トップページ | 失敗について »

2007年3月 3日 (土)

偉い人

 人を偉いと思うことがあるか。多くの人にとってそういう機会が減っているのではないか。まず偉い人自体が減ってきた。次に「偉い」と感じることのできる価値観をもったひとがいなくなっている。

 私利私欲がなく、こつこつ頑張っている人は偉いと思う。理想とする人、目標とする人、すなわち自分が目指している価値を実現するために努力している人は偉いと思う。自分自身に目指すもの、大事にしたい価値のない人は他者を偉いと評価することができないのであろう。

 皆たいしたことはない、好きなことをやっているだけだ、裏では何をやっているか分からないなどど十把一絡げに否定している人は他者を評価できないし、自分自身も成長することができないのだ。

 できるならば国民共通のミニマムの価値があり、その基準から国民の宝と評価できる人がいてほしい。

 かつて敗戦を前後して戸坂潤と三木清が獄中死した。彼らは国民の宝ではなかったか。特殊にすぎるであろうか。

« 人のつながり | トップページ | 失敗について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/5551999

この記事へのトラックバック一覧です: 偉い人:

« 人のつながり | トップページ | 失敗について »