« ボディビルのこと | トップページ | 競争と格差 »

2007年3月18日 (日)

映像と音響の効果

 テレビドラマや映画における音響の効果は大きい。安っぽい芝居でも泣かせることができる。私はテレビはほとんど観ないが、食事の時に少しばかり視野に入ってくる。どうも漫画から飛び出してきたような役者が多く、脚本も単純なものが多そうだ。本当に安っぽいのだ。それをたくさんの人が喜んでみているのだから恐ろしい。泣かせる場面も巧妙に(これは作る上では必要な仕掛けであろうが、泣かせるだけが目的のあまりに単純で恣意的なものだとどうかと思う)仕掛けられていて、その罠に簡単に引っかかってしまうようだ。

 映画も同様であるが、映画館という独特の閉ざされた空間ではより効果を発揮する。いい映画においては仕掛けに引っかかっても気持ちがいいものだ。いい映画の定義は難しいが、今まで見て記憶に残っているものを何本か挙げておこう。

 「復讐するは我にあり」「鬼畜」「飢餓海峡」「砂の器」「生きる」「泥の河」「遠雷」

 「鉄道員」「自転車泥棒」

  

« ボディビルのこと | トップページ | 競争と格差 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/246642/5729713

この記事へのトラックバック一覧です: 映像と音響の効果:

« ボディビルのこと | トップページ | 競争と格差 »